デバッグツールの使用方法
Lyrics Master にはデバッグツールが内蔵されています。デバッグツールを利用して、Lyrics Master と連携するソフトウェアが生じたエラーを監視することができます。また、Lyrics Master 内部の問題点もリポートされるため、障害解決にご協力いただく際に、デバッグツールの設定をお願いする場合があります。
デバッグツールを起動する
Shift キーを押しながら環境設定画面を開きます。すると「その他」タブに「デバッグツールを使用」チェックボックスが現れますので、オンに変更し、「OK」ボタンをクリックしてください。

デバッグツールがオンになっていると、Lyrics Master で問題が発生した場合に「Debug - Lyrics Master」ウィンドウが開き、エラーがリポートされます。