iTunes をカラオケにするには
このページでは、iTunes をカラオケ風の表示にするための方法を解説しています。
iKara をインストールするには
ねぼすけさんが公開されている iTunes ビジュアライザ「iKara」を導入します(iTunes が起動している場合は予め終了してください)。まず、nebo blog にアクセスし、「iKara 最新版ダウンロード」をクリックします。「iKaraXXXXsetup.exe」(XXXX の部分はバージョンによって変わります)をクリックして「実行」を選択することで、iKara をセットアップできます。
歌詞を表示するには
以下のように操作します。
  1. iTunes を起動し、歌詞の付けてある曲を再生します。
  2. 「表示」メニューから「ビジュアライザ」をポイントし、「iKara」を選択します。
  3. 「表示」メニューから「ビジュアライザを表示」を選択します。
これで、iTunes に歌詞が表示されます。
歌詞をカラオケ風にするには
歌詞をカラオケのように表示するには、「タイムタグ」と呼ばれるデータを歌詞に付加する必要があります。詳しくは、iKara のマニュアルをご覧ください。
Lyrics Master との連携機能を利用するには
iKara がインストールされた iTunes では、Lyrics Master を起動して再生中の曲の歌詞を検索することが簡単に行えます。

まず、Lyrics Master で以下の操作を行います。
  1. Lyrics Master を起動し、「ファイル」メニューから「環境設定」を選択します。
  2. 「その他」タブをクリックします。
  3. 「外部ソフトウェアの設定...」ボタンをクリックします。以下のような画面が表示されます。
  4. 「外部ソフトウェアを使用する」のチェックがオフの場合は、オンにします。
  5. 「設定パスをコピー:」で「曲名+歌手名」を選択し、「コピー」ボタンをクリックします。
  6. 「OK」ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。
次に、iKara の設定を行います。
  1. iKara が表示された状態で、右下の「OPTION」をクリックします。
  2. 「基本設定」タブをクリックします。
  3. 「name1」を「Lyrics Master」に書き換えます。
  4. 「http://&a=[artist]&t=[title]」と書いてある部分を、すべて消去します。
  5. 同じ場所で右クリックし、「貼り付け」を選択します。
  6. 「OK」ボタンをクリックして、iKara ウィンドウを閉じます。
これで、準備は完了です。あとは、Shift と F3 キーを同時に押すだけで、iTunes で再生中の曲の歌詞が Lyrics Master で検索されます。